工具を使って自分で作る理想の空間【誰でもできるICanDoIt】

ソファ

色々な素材

フロアコーティング

フローリングの床を保護する目的で、コーティングは昔から行われていたものです。
初期の頃はほとんどワックスによるものが多く、そのためにこまめに施工する必要があったものです。
というのも、もともとは保護というよりも光沢を目的としているもので、何層にも重ね塗りをしなければ耐性が不足するものだからです。
しかも水や埃に弱く剥がれやすいという特徴があり、半年ほどのサイクルで塗り直しをする必要があるわけです。
それに代わって普及するようになったのが、フロアコーティングです。
こちらは非常に耐久性が高く、しかも一回の塗装で長く効果を持続するというものとなります。
用途に合わせて様々なタイプのものが用意されているのも特徴となります。

これからの動向

手軽に何度も施工するワックスに対して、一度の施工で長持ちするフロアコーティングには様々なタイプがあります。
一般的はコーティングは、化学物質を使用することから、ハウスシック症候群の発症が無いとも言い切れないものであるために、それに対応したものが登場しています。
小さな子供が床を這っても安心できるタイプのものが多く提供されるようになってきています。
さらには、ナノテクノロジーを採用した次世代型と呼ばれるものも登場しています。
通常のコーティングの場合には、その耐性は1年と言われていますが、その数倍長持ちするということで注目されています。
今後はそのコストをいかに抑えて費用を安くするかが課題となっています。