工具を使って自分で作る理想の空間【誰でもできるICanDoIt】

ソファ

比較しよう

注意点とは

フロアコーティングにおいては、用途に合わせて種類を選ぶことが必要となります。
案外と見落としがちなのが、サッシから入る日光です。
紫外線によってフローリングは焼けたり変色するので、UV対応のコーティングも必要となります。
また、その手軽な施工によりまだ需要のあるワックスの場合には、こまめな手入れが必要となります。
水や埃によって剥がれやすいために、優しく乾拭きを行うことが必要となります。
けれども、その手入れによって維持できる光沢は秀逸なものとなるので、美観を求める人にとっては人気もあるものです。
メンテナンスにおける塗装の際には、表面の塗装を一度きれいに剥がす必要があるので、その点に注意することが大切です。

工夫することで得られる

住宅のフローリング床材を保護するためには、定期的にフロアコーティングを行う事が非常に重要なメンテナンスとなります。
フロアコーティングを行う際に使用される塗料には様々な種類があり、最も多く使用されている塗料はワックスです。
ワックスは近年開発されているフッ素系の塗料やガラスコーティング塗料に比べると耐久性がそれほど強くなく、消耗もやや早いという特徴はありますが、それでもフッ素系の塗料やガラスコーティング塗料よりも安価であり、かつ様々なフローリングに使用できるという万能性から根強い人気を誇っている塗料です。
また、ワックスも塗り方を工夫する事により、耐久性を高めたり消耗が起こるのを抑える事が可能です。
具体的な工夫の仕方としては、まず塗料を塗る前にフローリングの上を丁寧に清掃し、髪の毛やホコリなどの不純物が混入する事を防ぐということです。
不純物が混入してしまうと、そこから塗料が剥がれてしまったり、塗料が腐食するケースがあります。
不純物をしっかりと取り除く事によりこうした塗料の劣化を防ぐ事が出来るのです。
また、通常塗料は1回塗りが基本ですが、これを繰り返し塗る事によって耐久力を高める事が出来る工夫の仕方もあります。