工具を使って自分で作る理想の空間【誰でもできるICanDoIt】

テーブル

オリジナルのもの

家具を作ろう

自分で家具や小物を作るといったDIYを趣味としている人が増加しています。
その中でも、女性が増加しています。
オリジナルの物が作れる、自分の家の寸法にピッタリの物が作れるといったことが人気の理由になっています。
家具を選択するときには、サイズが決まっていますので、中々ピッタリのデザインの家具を探すのが難しいといったことがあります。
そういった時に、DIYを利用して家具を作るのです。
また、DIYは子どもと行なっても楽しい作業です。
そのため、最近では工具も子ども用や女性用の物が増加していて、デザインも可愛い工具が豊富に揃っています。
そして、DIYを子どもと行えば、子どもにとっても良い経験になり、親子や家族でも良い思い出になります。
子どもの教育の為にも、良い作業になりますし、家具を作るときも思い出の詰まった家具になります。
良い経験が出来るといった面でも、良い家具が出来るといった面でも充実した時間が作れます。

床をコーティング

自宅の床をコーティングすれば、長期間床がピカピカの状態が続きます。
そのため、床を毎日磨いたかのように綺麗な部屋やリビングを保つことができます。
そして、床をコーティングした時には掃除機を掛けるだけで、毎日の掃除が完了します。
掃除に手間を掛ける必要もなくなりますので、毎日楽になります。
フロアコーティングは業者に依頼する方法もありますが、自分で商品を揃えてコーティングする方法もあります。
そうした時には、いくつかの注意点が必要になります。
ますは、フロアにワックスが塗れるかどうかのチェックをしましょう。
その方法は、紙テープを床に貼って剥がしたときにワックスが床につかなければ、ワックスが塗れるというサインになります。
そして、フロアコーティングをするときにはそのワックスの注意書きに良く従って、塗るようにしましょう。
また、自分でワックスを塗るときには、ワックスを塗らない箇所など範囲を決めておくと良いでしょう。

おすすめ

使いやすい

DIYを行なう時には材料も必要ですが、工具も必要になっています。最近では、女性や子どもでも使いやすいような持ち手になっていたり、軽量化が進んでいます。そのため、とても使いやすくなっています。

色々な素材

フロアコーティングとは、床の美しさを保つ為に塗装をすることです。そのフロアコーティングの時には、ガラスやUV、シリコン、ウレタンなどの種類の物があります。それぞれに耐久年数が異なります。

比較しよう

デリケートになっているフロアには、フロアコーティングをすることが必要になります。素材によって耐久性が違い、光沢も違いますので、料金などを比較してから決めましょう。